指導者、保護者向けコンディショニング勉強会

Comments: Leave a Comment

姿勢を考え直す。

http://ameblo.jp/littlemac0042/entry-12254389671.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=5f06a6982e384f85a4744df9181b8ce2

Comments: Leave a Comment

福島医科大学スポーツ医学講座

Comments: Leave a Comment

Mac’s Trainer Room 140km/hプロジェクト

怪我のリスクを減らしながらのパフォーマンスアップを目的に行います。
柔軟性、機能性、動きを作るウエイトトレーニング、瞬発系トレーニングを中心に行います。

140km/h達成者には、140km/hプロジェクトTシャツプレゼント、ケンタイ、ウィルソンからの景品提供もしていただきました。
月曜日 20:00〜 担当刎田トレーナー

火曜日 20:00〜 担当刎田トレーナー

水曜日 17:00〜 担当 高島・田中トレーナー

木曜日 17:00〜 担当 高島・田中トレーナー

金曜日 17:00〜 担当 高島トレーナー

Info

Comments: Leave a Comment

メディカル・コンディショニングチェック 2016

2016年12月24日に野球肘・野球肩のメディカルチェックを行い、早期発見、予防、パフォーマンスアップの為のトレーニングへの理解を深めてもらうセミナーを開催いたします。
参加申し込みは12月16日まで。
申し込み、お問合せはこちらまで。

takashima20161130-01_n

takashima20161130-02_n

Comments: Leave a Comment

メディカル・コンディショニングチェック 2015

2015年12月26日、27日に野球肘・野球肩のメディカルチェックを行い、早期発見、予防、パフォーマンスアップの為のトレーニングへの理解を深めてもらうセミナーを開催いたします。
参加申し込みは12月20日まで。
申し込み、お問合せはこちらまで。

12358033_926440790778124_1410095947_n

12355113_926441147444755_1457680601_n

Comments: 1 Comment

2014京都スポーツ医学セミナー② 【実践編】運動連鎖から考える革新的治療戦略

2014京都スポーツ医学セミナー②
【実践編】運動連鎖から考える革新的治療戦略

 前回大好評をいただきました。運動連鎖から考える革新的治療戦略の実践編です。
スポーツ障害は、大きなストレスが急激に加わる外傷と対照的に、小さなストレスが繰り返し加わることで生じます。そのため、スポーツ障害の治療には、全身で行われるスポーツ動作の特徴と各部位における機能の関連性を理解したうえで、臨床に応用できるスキルが必要となります。
本セミナーでは、「運動連鎖」をテーマに、第一部はバイオメカニクスの観点から、上肢の運動にとって不可欠な、肩甲骨の運動学について学びます。第二部は「運動連鎖から考える投球障害」の著者3名の先生方に講師をお願いし、実際の肩・肘関節の所見の取り方、問題点の抽出方法、具体的なコンディショニング方法について実技を行います。2名1組で、実際に体験しながら進んでいく内容となっており、明日から実践できるスキルを身につけていただきます。
肩・肘関節の所見の取り方、運動連鎖から考える問題点の抽出方法・具体的なコンディショニング方法は、投球障害以外のスポーツ選手はもちろんですが、高齢者のリハビリテーションにも応用可能です。
 ぜひ、この機会に本セミナーへご参加いただき、日々の臨床に役立ててください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時:2014年10月19日(日)13:00~17:50
場所:京都橘大学 優心館
   http://www.tachibana-u.ac.jp/about/campus/access.html
   http://www.tachibana-u.ac.jp/about/campus/campus.html
参加費:一般12000円(テキスト購入済みの場合は8000円)
学生5000円 (テキスト代別)

プログラム
12:55-13:00 開会あいさつ
第一部 特別講演 
13:00-13:50 「肩甲骨の運動学最前線~ここまでわかる肩甲骨動態~」
講師:京都橘大学 健康科学部 甲斐義浩先生

第二部 運動連鎖から考える投球障害
14:00-14:30 投球障害の診断と治療 -ストレステストの実際-
講師:京都府立医大整形外科 森原 徹先生

14:30-15:10 投球障害の評価 -スクリーニングテストの実際-
講師:京都府立医大病院リハビリテーション部 松井知之先生

15:20-16:10 コンディショニングstep1 股関節体幹のコンディショニング
16:10-17:00 コンディショニングstep2 step1からの強度アップ
17:00-17:50 コンディショニングstep3 投球フェーズを考えたトレーニング
講師:Mac’s trainer room 高島 誠トレーナー

17:50     閉会

申し込み方法
メール件名に「2014京都スポーツ医学セミナー②申し込み」とご記入ください。
メール本文に①氏名(ふりがな),②所属,③職種・経験年数,④当研究会主催の講習会参加歴の有無,⑤緊急連絡先(携帯電話番号など)をご記入の上 京都運動器障害予防研究会 事務局 e-mail: spold.h22@gmail.comまでメールにてお申し込み下さい。

※本セミナーはテキストとして、「運動連鎖から考える投球障害」を使用します。
この本をお持ちの方は、申込時にその旨を記載いただき、当日お持ちください。
※当日は実技を行いますので、動きやすい服装をご用意ください。

※メールアドレスはパソコンメールでお願いいたします。
スマートフォン、携帯電話の場合は、「spold.h22@gmail.com」からのメールを受け取れるよう設定お願いいたします。

京都運動器障害予防研究会HP:http://spold.jimdo.com

Comments: Leave a Comment

【Mac式】驚異の投手パフォーマンスライン~ケガをしないで勝てる投手になる為の体作りトレーニング~【トレーナー高島誠 監修】

【Mac式】驚異の投手パフォーマンスライン~ケガをしないで勝てる投手になる為の体作りトレーニング~【トレーナー高島誠 監修】のDVDが発売になりました。

http://performance-dvd.com

Comments: 1 Comment

指導者、保護者向けコンディショニング講習会in尾道

2014年6月16日月曜日
19:00〜21:00 (2時間)
場所:ベースボールパフォーマンスアカデミー尾道
住所 広島県尾道市栗原町6071-2階
(新尾道駅から徒歩8分スーパーMATEの向かいのローソンの裏手のコインランドリーの2F)
定員30名
駐車場は一台分しかありませんので周辺のパーキングをご利用ください。
料金:無料
対象者 指導者、保護者、選手
「プログラム」
1.野球に必要な柔軟性と動き作り
牧野達郎 ベースボールパフォーマンスアカデミー ヘッドトレーナー
JFE西日本硬式野球部 トレーナー
2.運動連鎖から考える投球動作とトレーニング
マック高嶋 Mac’s Trainer Room代表
運動連鎖から考える投球障害 共著者
日米でのトレーナー経験を生かした、独自の評価方法を元にしたコンディショニング、トレーニングテクニックを確立、現在は野球肩、野球肘、野球腰専門のトレーナールームを開業の傍らチームのコンディショニング指導や接骨院のコンディショニングアドバイザーとして接骨院へのコンディショニングスタッフ派遣などスポーツ障害へ特化した活動を行っている。
参加ご希望の方は下記メールアドレスに必要事項を入力の上送信お願い致します。
・必要事項
1:氏名  2:所属  3:E-mailアドレス 
・送信先 bpaonomichi2014@gmail.com
セミナーは無料ですが、書籍購入希望者は、税込み4,212円になります。希望であれば記入ください。
※締め切り 6月13日(定員になり次第申し込み終了とさせていただきます)

Comments: Leave a Comment

運動連鎖から考える投球障害セミナーSTEP1in広島を行いました。

今日は、朝から運動連鎖から考える投球障害セミナーSTEP1in広島を行いました。
投球障害の問診の方法、スペシャルテスト、運動連鎖を含めたスクリーニングテスト、コンディショニング、トレーニング、運動連鎖の破綻を生むトレーニング、投球動作をみるポイント、投球動作での運動連鎖の破綻を生む動きなどを中心におこないました。
また次回STEP2を行いたいと思いますので、よろしくお願いします。

Comments: Leave a Comment